<工場>
折半屋根で夏場の暑さが厳しく、工場内は機械や人の熱が充満していました。
アドグリーンコート®で屋根・壁・窓を遮熱対策!職場環境も向上し、屋根の表面温度は-17℃となり、
CO²削減、経費削減、作業効率UPと多くのメリットで環境に貢献できます。


<倉庫>
アドグリーンコート®で屋根を塗装しました。塗装前、外気温32.5℃のとき屋根表面温度は52℃、塗装後、外気温39.7℃で計測した屋根表面温度は40.8℃になりました。猛暑の中「裸足で屋根に上っても平気です」と喜ばれました。勿論倉庫内も涼しくなりました。



<戸建住宅>
外気温が30℃を超えると、コロニアル屋根の表面温度は、アドグリーンコート®塗布前と塗布後で約10℃以上の差が出ます。室内温度を1℃下げると電気代を10%削減できる為、家庭での遮熱塗装はコスト削減による省エネ効果も大きいです。



<通信基地>
アドグリーンコート®塗布後、社内で効果検証を実施「外気温が25℃を超えると遮熱効果があり、20℃を下回ると保温効果がある」報告された。塗装前は、冬16℃、夏26℃と設定を変える必要があったが、塗装後は一定に出来、年間を通じ空調機電気使用量の削減効果に繋がりました。



<バス>
アドグリーンコート®を塗装した高速バスは、冷房期間、5月〜10月迄の6ヶ月間で、 1台あたり給油費用が38,000円の減額、CO₂削減量が740kgとなり環境に貢献できました。


<設備>
アドグリーンコート®塗装前は配管に熱がこもり、設備点検や調査の際、配管を触る事すらままならず、日中の作業に支障を来していたが、アドグリーンコート®塗装後は、素手でもメンテナンスが可能となり抜群に作業効率があがった。